RSS | ATOM | SEARCH
▽2015年11月以降の為替の変動要因
JUGEMテーマ:ビジネス

閲覧ありがとうございます。

11月以降の為替の変動要因についてお伝えいたします。
豪ドル米ドル、豪ドル円は80円に急落し上がりすぎは
修正されました

日本とアメリカの経済状況は日本の量的緩和は一定水準を保った
ままアメリカが量的緩和を縮小し解消された状態になっています。

今年になって円安、ドル高が進んだ理由はアメリカがさらに利上げ
に踏み切ると思われたからです。

しかしギリシャや中国の不鮮明な要素があったためアメリカの利上
げは先送りになっています。

11月1日に発表された米国経済の結果ドル円などバランス関連の
取引が交錯し方向性は定まらない取引になっています。


************************************

               

今月のドル相場見通し

小売高低迷の原因であるガソリン価格の下落は今後の消費増をもたらす
など景気指数が堅調など悲観的な見方を強める必要はないという米経済
の状況がドル買いをサポートすると思われます。リスク要因としては米
中間選挙の結果に注目する必要があります。


ユーロ見通し


上値の重い展開、金融緩和や景況感の格差を背景に下落余地を探ります。
米国の早期緩和を背景に伸び悩みの米国金利が上昇すれば対ユーロでも
ドル買いが進行すると推測されます。


*************************************

ブログ内の検索エンジンをご利用いただくキーワードを入力するだけ
 で知りたい情報がわかります(キーワード例 デイトレード、FXなど)
 携帯からの検索は一番下のさがすから検索お願いします。

パソコンの場合は左のカレンダーの日付をクリックすると関連ブログを
閲覧できます携帯、スマートホンの場合はブログの下のカレンダーの日付
をクリックすると関連ブログを閲覧できます。


*********************************

 
author:アプリブログ, category:FX, 11:57
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 11:57
-, -