RSS | ATOM | SEARCH
FXのローソク足について

為替や株の値動きを分かりやすく

視覚化したものに「ローソクチャート」があります。

現在の位置がどの位置にあるかが分かり多くの

投資家が利用しているチャートで
テクニカル分析の基本になります。

ロウソク足とは為替のチャートで四角と線で

できているローソクみたいなもので
全てのチャートの基本となる重要なものです。

日本で生まれたジャパンオリジナルチャートです。

ローソク足の見方

‖舁枩

大きく向上したとき形成される長い陽線
反転ポイントが多そこである可能性が高
いと判断できる。

大陰線

大きく下降した時に形成される長い陰線
反転ポイントが天井である可能性が高い
と判断できます。

小陽線ぞ陰線

共に動きが少なくヒゲを作っている
投資家たちが迷っていると判断できる。

ゾ絅劵架枩

上昇してから押し戻されたもの 
始値から終値上回って形成された
ローソク足。


上ヒゲが長ければ長いほど信頼度
は増します。

上ヒゲ陰線

一度上昇してから押し戻され始値
より終値が下回って形成された
ローソク足。


過去のチャートを見ると上ヒゲ
陽線と隣り合わせで形成されて
いる。

Р璽劵架枩

一度下落してから買い戻され始値
より終値が上回って形成された
ローソク足。

┣璽劵架枩

下降してから買い戻されたもの 
始値より終値が下回って形成された
ローソク足。

FXのローソク足が作る基本的なチャートパターン

為替相場は基本的にはインサイダー取引ではなく、

相場は需給でシンプルに動き
ますのでテクニカルがききやすいとされています。

ローソク足が作り出す形を元に

売買するのも一つの方法です。

『ダブルボトム・ダブルトップ』

ダブルボトムは下降後の底値圏で出現し買いサインになります。
ネックラインを越えたら買いエントリーをします。

ダブルトップは上昇トレンド後の天井圏で出現し売りのサイン
になります。ネックラインを割ったら売りエントリーします。


『トリプルボトム・トリプルトップ』

トリプルボトムは、下降トレンドの底値圏で出現しますが

3回も跳ね返されており底が固い状態です。


トリプルトップはトリプルトップ後の天井圏で出現します。

ネックラインを割ったら売りエントリーします。

「ヘッドアンドショルダー」

3つの山と2つの谷を形成していますが、

2つ目の山が飛び抜けているのが特徴です。

『ペナントフラッグ』

ペナントはローソク足が三角形を作り、

フラッグのような形になります。


フラッグは上昇トレンドの下向きのフラッグと

下降トレンドからの上向きのフラッグがありますが

 

どちらも力をためている状態で上昇トレンドや
下降トレンドが継続していることを表しています。

 

***************************

ブログ内の検索エンジンをご利用いただく

キーワードを入力するだけで知りたい情報がわかります

 

(キーワード例 デイトレード、FXなど)
携帯からの検索は一番下のさがすから検索お願いします。

 


パソコンの場合は左のカレンダーの日付を

クリックすると関連ブログを閲覧できます

 

携帯、スマートホンの場合はブログの下のカレンダーの日付
をクリックすると関連ページを閲覧できます。

 

また、新しい情報サイトを公開いたしました。

トレードに対しての知識やインジケーターに興味のある方は

下記のURLをクリックし関連情報を収集してください。


関連サイト 情報商材分析、販売ブログ 
FX投資商材「徹底分析」利益に変わるブログ

 

はこちらのURLから閲覧をお願いします。
https://toushi-return.xyz


********************************

author:アプリブログ, category:FX, 00:05
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:05
-, -